【5分でできるシネマグラフの作り方】AfterEffects版



引用:http://cinemagraphs.com/nyfw/

写真の一部分だけ動いているシネグラフという映像表現が去年くらい流行りましたが、今回はそれをAfterEffectsで作ってみました。

基本はPhotoshopでいけるんですが、動画制作に慣れてる方はこっちのほうがやりやすいかもしれません。

5分でできます。

素材を用意してフレームを固定する

s1

素材を右クリックで、時間→フレームを固定です。

そのあと、素材をCtrl+Dで複製

s2

あとは、複製した素材の動かしたい部分にマスクをかけます。

マスクは矩形でそのままいけるなら、矩形で。
複雑な形ならペンツールでマスクをかけましょう。

s3

その後、タイムリマップをデリートすると、その部分だけ動きます。

このまま書き出しても利用できますが、WEBで使用する場合はAEからではGIFアニメーションで書き出せないので、Photoshopにもっていって、WEB用に書き出しからGIFを抽出します。

s4

この時、アニメーションの設定のところで、プルダウンで「無限」を選択しておくとループします。

こんな感じで簡単にできますが、動画撮影時には必ず固定するなど、少し工夫が必要です。

海外のサイトにはおしゃれなものも多いのでとても参考になります。

引用:http://cinemagraphs.com/nyfw/

スポンサードリンク

関連記事一覧

スポンサードリンク



アーカイブ

PAGE TOP