第87回三重県中央メーデー

2016年4月29日、桑名市の吉之丸コミュニティパークを拠点に、三重県中央メーデーが行われ、県内の労働組合など五十団体から約2,000人が集結しました。

弊社はこちらのイベントにて野外ステージの設営、音響周りを担当させていただきました。

  1. 制作範囲
  2. 概要

ma07

 

 

 

 

野外ステージの設営・音響周り

以下、中日新聞WEBより引用(http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160430/CK2016043002000014.html

連合三重など三団体でつくる実行委が主催。式典では吉川秀治実行委員長が「非正規雇用が増えて格差が確実に拡大している」と指摘。夏の参院選三重選挙区に民進党公認で立候補予定の芝博一氏は「アベノミクスの恩恵は地方に回ってきていない。参院選は働く人や地方を守る戦いになる」と訴えた。
鈴木英敬知事や伊藤徳宇市長のあいさつの後、雇用の安定などを掲げるメーデー宣言案と、「暮らしの底上げ実現に向けた特別決議案」を採択。参加者が桑名駅周辺の一・五キロをデモ行進した。

PAGE TOP