ドローンの全国包括申請許可とりました

弊社ではドローンの撮影も承っているのですが、最近ではかなり問い合わせが多くなってきました。

新機種を導入したのもあり、県外でも柔軟に対応できるよう、全国包括申請許可をこの度とりました。

そもそも何で許可がいるのかって言う話なんですが、ドローンを飛ばすためにはルールが存在します。

主な禁止事項としては

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

です。

5,6はなかなか無いと思いますが、撮影案件ではほぼほぼ1~4の許可は必要になってきます。
つまり、許可とらないと現状の日本では自由に飛ばせないと思います。屋外では。撮りたい画がとれないですね。
あと意外に30m以内ってゆうのが盲点だったりします。

ですので、弊社では1~4の許可を全国の範囲で1年間(最長)取得しました。

あと、人の頭上は絶対に飛行させてはいけません。イベント事で行列の上から撮影したいとかはだめです。
(私有地とか国有地はそれぞれ別で許可がいります)

ドローンが落ちないという保証はどこにもないのでまず、落ちるということを想定して飛ばすのが本来のあるべき姿です。
いくら飛行経験があっても機体の不具合や不測の事態は常に隣りあわせです。
許可があるからと言って完ぺきではありませんが、より安全に飛行させることができるということです。

ちなみに許可の申請は関西では大阪航空局、関東では東京航空局に行い、通常10日営業日かかります。が、10日で通ったことないので、かなり余裕をもった申請をおすすめします。修正なしで3週間程度かかるので、修正などあれば1か月程度はかかるかと思います。

ドローン事故などによるニュースもちらほらと聞くようになってきたので、より安全にクオリティの高い映像を提供できるよう、弊社では常に精進していきます。

引用:国土交通省 http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

スポンサードリンク

関連記事一覧

スポンサードリンク



アーカイブ

PAGE TOP